高校を辞めることになった話[実体験]

f:id:shimainu_93:20211104150257j:plain

高校中退するとどうなるのかについて書こうと思います。

その前に僕が辞めることになる高校に入学する経緯を書こうと思います。

僕が通うことになった高校は、実家から離れたところにある寮がついている高校でした。

中学生の時の僕といえば、思春期真っ盛りですが、結構校則とかの締め付けもあって自由にできないし、色恋沙汰などあるはずもない部活と塾を往復する、毎日鬱々とした生活を送っていました。別に好きな子がいるわけでもないし、部活に没頭しているわけでもないって感じで。

しかし中学3年生にギャルゲー*1と出会い僕は活力を取り戻していきました。中学3年生の時は塾から帰ると夜は親の寝ている間にギャルゲーをするというギリギリの毎日を送っていました。

僕が人生で一番最初にやったギャルゲーは”To Heart2*2で当時は友達とネタのつもりでブックオフで買ったのですがやり出すとハマってしまい、委員長ルートなどでは涙したりしていました。

当時は深夜まで起きてゲームをやって無睡で没頭してやり委員長ルートをクリアして涙を堪えながら中学に通学したのを今でも覚えています笑

それから、”夜明け前より瑠璃色な”や”月は東に日は西に”(通称はにはに)、”AIR”、”リトルバスターズ”などギャルゲーの世界にどっぷりハマっていっていました。

学校ではギャルゲーを貸し借りして友達とギャルゲーのストーリーの考察や好きなキャラについて語っていたのを覚えています。

そして色々あって、中3の秋頃、とあるギャルゲにたどり着きます。

f:id:shimainu_93:20211104150540j:plain

この青空に約束を*3っていうゲームなんですが、主人公が人里離れた島で寮生活を送ることになるんですが、このシチュエーションに当時は憧れまして、

”俺もこんな生活を送りたい。人里離れた寮で美少女たちと楽しく生活するんだ”

みたいなアホなことを思いついて、中学3年生の時の僕は実家のある県から離れた高校を進学先として選ぶことにしました。

でも、そんな不純な動機を見透かされたら両親が納得しないというのはわかっていたので、できるだけ地元から近い寮がある当時偏差値72の中高一貫校の高校を受験することを決めました。

さすが、不純な動機は強力な推進力になります。

目標が決まったら当時中学生の僕なりにそこそこ勉強して*4結果的に合格してしまいました。

当時その学校は東大合格30人前後、医学部合格者もめちゃくちゃいたので両親も結構喜んでくれました。

これで俺も陰気臭い毎日からおさらばしてギャルゲーのような生活を送ることができる。ギャルゲーの世界みたいな生活が送れるんだ!当時の俺は本気でそう確信していました。*5

しかし、希望を抱いて勉強して入ってみたはいいものの現実は全く違ったものでした。寮はただの受験牢獄とも呼べる場所で僕がギャルゲーで思い描いていた青春とは対極にあるものだったのです。*6

入学初日で、「ああ、これは俺が思っていた高校生活ではない...」と絶望していましたが、せっかく入学金も学費も払ってもらっている親の手前騙し騙し学校生活を送ることにしました。

しかし、受験牢獄よろしい規則正しい毎日に嫌気がさして(?)また学校の学習スタイルも自分に合っていないような気がして学校生活に思い悩むようになってしまいました。だって、思い描いていた理想と違いすぎるから。寮生活もまあ、ギャルゲーに出てくるような美少女はいないわけですよ。当然なんですが。そこは完全に僕のリサーチ不足でした。

しかし、当時の僕にとってはそれが不満だったんですよね。学校には携帯*7も音楽プレイヤーも持ち込んじゃいけなかったですし。当時の娯楽といえば、週末にゲーセンに行ったり、コンビニで雑誌を読むくらいでした。毎日毎日欲求不満な生活を送っていました。

もう僕は我慢の限界でした。

そして、僕は高校に設置されたカウンセリングルームに通うようになりました。カウンセリングルームでは、カウンセラーの先生がいて話を聞いてくれるんですが、

「俺はもう毎日が嫌なんです。もう全て辞めたいんです。人生を終わらせたい。」みたいなことを毎日言っていたら

ある日カウンセラーの先生から、

心療内科に行ってみない?」という提案をいただくことになってしまい、あれよあれよと実家送還されることが決定してしまったのです。

確か、まだ12月ごろのことだったんで当然1年生の単位が足りないわけでして学校当局にもう一度1年生をやることを提案されます。

それに対して僕は猛烈に拒否して高校の退学が決まったのでした。

つづく。

 

*1:恋愛ゲーム

*2:Leafの名作ギャルゲ

*3:戯画のゲーム。当時はPS2でプレイしました

*4:今思えばカスレベルの勉強量

*5:アホです

*6:今考えれば中高一貫校進学校の高校入学組なので当たり前であるが...

*7:当時はガラケー